古民家での焚火焼き芋

枯れ葉の掃除が大変は時期ですが、ブロワとかで

枯れ葉を集めるのは楽しいです。しかし、敷地にある

ほうの木のほう葉は、大きいし重たいので、小型のブロワでは

なかなか、ほう葉の葉は動いてくれません。

なので、こまめに掃いて集めてます。

焚火にして楽しいのは、途中で仕込んだ焼き芋を

最後に取り出すことです。

少し弱い火になったときに、中に入れます。

余熱で、じんわりとやきあげないと、石みたいに

カチカチになってしまいます。

【ふるさと納税】種子島中園ファームの熟成安納芋(生芋)Mサイズ10kg

価格:10,000円
(2017/11/14 14:14時点)
感想(15件)

 

 

こんな風に焼きあがればいいのですが、

【近日発送可】●安納芋 蜜芋 2kgをなんと・・840円! 【税別】 2セット(4kg)以上ご購入で送料無料!【一部訳あり】 今年も価格破壊!【平成29年産】

価格:907円
(2017/11/14 14:14時点)
感想(4905件)

しばらく放置していると、しっとりしすぎて

しまいます。

奈良のお芋も甘くておいしかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です